犯された花嫁 悲劇のヴァージンロード 吉沢明歩

更新日:

動画

作品情報

作品名: 犯された花嫁 悲劇のヴァージンロード 吉沢明歩
出演者: 吉沢明歩
シリーズ: -
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE
ジャンル: 若妻・幼妻 , 辱め , ハイビジョン , ドラマ , 独占配信 , DVDトースター , 単体作品 , ギリモザ
監督: 沢庵
説明: 結婚を目前に控えた花嫁、明歩。最後の打ち合わせを終え、あとは結婚式本番を迎えるばかり。幸せがこのまま続くと思っていた…「何で結婚するんだよ!!…嫁に行く前にオレが犯してやるよっ!!!!」深夜の突然の訪問者、見知らぬ鬼畜共に汚辱されてしまう…挙式当日の控え室でも純白のドレスを捲し上げられ激ピストン!泣き叫びながらも淫らにイキ狂う!!!

感想・レビュー

  • 凌辱・レイプものです。ストーリーは期待できません。

    ジャンルに明示されているとおり、凌辱・レイプものです。当たり前ですが、それが嫌な方は避けましょう。 ドラマシーンはありますが、切り刻まれていて、ストーリーとしての脈絡は乏しいです。 ストーリーのあるレイプものを期待する方も期待外れになりそうです。 どちらかというと吉沢明歩のウエディングドレスのコスプレもののような感じです。 女優さんは演技力があるのでもったいない感じがします。 この女優さんはストーリー性のある作品の方が良さそうです。 女優さんが良かったので星5つです。
  • 女優の人気に安住して手を抜き過ぎです。

    まずストーリー展開が飛びすぎです。単純な脳ミソしか持たない私にはよくわかりませんでした。 ただ結婚式までの数日間で脈絡なく吉沢明歩が好き放題にやられまくっている、そんな感じの作品です。 作品の品質もハンディカメラで撮ったような映像で画質も粗いうえ、女優に対する男優の指示(次の体位や 台詞回し)など聞こえてはいけないことまで聞こえて、非常に稚拙な仕上げで幻滅してしまいました。 ただ、女優の性器が大写しになって出し入れしている部分が映っていればイイのだろう的な作り手側の 傲慢な態度が垣間見えました。 エスワンはもともと女優の魅力をうまく活かしきれていませんが、それに加えて、今作では品質管理まで 手を抜き始めているようで非常に不快な気分になってしまいました。
  • 花嫁衣装姿は,めちゃ可愛いらしく美しい

    トップAVアイドル,吉沢明歩も憧れているであろう自身の花嫁セレモニー。 本作は,いい女が故に,彼女の周りには大勢の男が存在していて, 明歩の結婚を許さない男に犯されてしまう設定です。 実際,AV男優の中には,明歩の極上のルックスとオ○ンコ&お口の虜になってしまった男はいるかも。 当然ながら,花嫁衣装姿は,めちゃ可愛いらしく美しいです。 イラマチオ,激ファック,オ○ンコ刺激,潮吹き,顔射など,受けのシーン。 今回も,いつものように顔から全身汗ダクになって男と絡んでいます。 髪が肌にへばりついた姿,フェラ顔,潮吹きオ○ンコなど,すべてのエッチシーンが抜けます。 やっぱ,凄いAV女優です。 3Pでも咥えたチ○ポを離さない上に,さらに頬を凹ませフェラしやがる,チ○ポ大好き女。 こんなにAVを長く続けていれば,普通の男じゃ満足しないんじゃないかな? とにもかくにも,星5つの評価です。
  • 雰囲気は出てる。

    ウェディングドレスフェチとしては エッチの時、すぐ脱がしてしまうのが勿体なく思いました。 (まあ、他の花嫁モノのもうなんですが、カラミづらいんでしょうね。) せめてグローブは最後まで付けたままにして欲しかった。 まあまあ画質はよくドレスもきちんとしてるので 花嫁さんの雰囲気はで出てると思います。
  • 祝福された純白の花嫁、その純潔を淫らに侵犯

     ウェディング・セレモニーの準備と進行を描いたイメージ・ストーリー。その間に、直接関連のないHシーンを複数挿入、コラージュして構成した作品である。  従って、各Hシーンは独立していて意味の奥行きはなく、全体の物語については各自の想像力にゆだねられている。  共通コンセプトは「祝福された純白の花嫁、その身体の純潔を淫らに犯しつくすこと」  このような極端なコントラストを狙った役柄を演じられる女優さんは、吉沢明歩さん以外には、あまり存在しない。各種のウェディング・アイテムが、彼女によく似合っている。  こればいわば、男性中心主義の非現実的なファンタジーであり、結婚式の聖性を大切にする女性からは、支持を得られないことだろう。
  • 安定した出来映え

    やはり彼女は責めるより責められ役が似合います。よく熱烈なファンからは可哀相なんて書き込まれるぐらい演技もしっかりしていて見て損はありません。AVにそれほどストーリーを求めない私には上出来ですよ。
  • 吉沢明歩のレイプものにはもううんざりです

    この作品には、幾つもの意味でうんざりしました。 まず、吉沢明歩のレイプものは、もうこれまで何度もS1から発売されていて、毎度S1の企画段階の鬼畜性にうんざりしていること、レイプに抵抗して顔に汗をかくあっきーは、完璧なメイクアップが剥げ落ちて、その魅力である顔立ちのかわいらしさや表情の豊かさが活かされないこと、リアリティのない設定・演出により、疑問だけを感じて作品に没入できないこと、などが挙げられます。 また、あっきー本人も、いつしかレイプされている設定だということも忘れたかのように、あるいは犯されるのを待っていたかのように、舌を絡め、愛液を垂らし、潮を吹き、マン屁を漏らし、お掃除フェラをする、というのでは「悲劇」転じて、喜劇を演じてしまう結果に陥っている点で、清潔感を感じさせません。

動画の共有