覚醒拷問魔性感 Ver.2

更新日:

動画

作品情報

作品名: 覚醒拷問魔性感 Ver.2
出演者: 藤宮櫻花(眞雪ゆん) , 上原優 , 春野さくら
シリーズ: 覚醒拷問魔性感
メーカー: BabyEntertainment
レーベル: PANIC-AQUME
ジャンル: 和服・浴衣 , 電マ , 拷問 , 拘束
監督: -
説明: 妄想と現実の狭間にて淫楽なる夢を見れば、心の中にある理性や常識などが意味を成さなくなり、己の内にある本能、すなわち快楽追求に従うのみなり…。自らの本能に従順になった女とはここまで凄まじき物なのか…。もうこの雌たる者達にドリルなどいらない…。 【※画像・音声に多少の乱れがあります】

感想・レビュー

  • AV史上最高傑作の一つ!

    「拷問」という言葉がタイトルに使われているので、「また、女優いじめものかな?」と疑いましたが、内容は真逆。拷問どころか、「快感アクメ天国」ですね、これは・・・。一応、「拉致」のようなストーリーがありますが、完全にお芝居なので気楽に楽しめます。三人の女優が一人ずつ「快感アクメ天国」を味わうのですが、一人目より二人目、二人目より三人目のほうがエロく内容も濃いため、興奮が徐々に高まり、すっきりイケて、後味もよく、何回でも見たくなる傑作でした。パートナーがいる方は、「恍惚となるほどのお互いの昇天」の良い参考にするといいですぞ。
  • 良い企画ですね!

    無駄な前置きとかはなくていきなり裸で始まるのでよかったです。 男があと一人くらいいてもいいんじゃないかな?あともう少し道具も使ってもいいんじゃないでしょうか? 媚薬ももっと強力なやつを頼みます(笑)
  • 女優次第

    いつの間にか連れ去られ、媚薬(?)で弛緩しきったカラダをたっぷりオイルで弄ばれ、為されるがまま。 過激なベイビー作品の中では特殊ですが、セットや設定の雰囲気、ヌルヌル具合が好きで前作に続き購入。 構成は前作とほぼ同じなので、ver.1のレビューを御覧ください。 この手の作品は女優の好みでだいたい決まりますね。 今回は3人とも少々年上なのは…狙いでしょうか? さくらさんは受付や事務にいそうな上品な姉さんといった感じで個人的に結構好みだったんですが、最後の方には笑ってしまいました。 だって、最初っからノリノリなんですもん(笑)ちょっと雰囲気が壊れますね。 女優が三人とも似た属性で退屈だったのと、前述した雰囲気破壊がマイナス要因。ただこの企画は好きなんで、この評価です。
  • 二人目が反応が良いので・・・

    3人目は、ちょっと雰囲気ぶち壊しですが… 2人目の女優さんで久しぶりに、マン屁の音を聞きました。余り、大きな音ではありませんが確かに。 客観的に見ていると、これを毎日1時間ずつやったら、腹筋が割れてしまったお腹になるのではとも思いましたが。
  • 不思議

    なぜこんなに評価が高いのかそれが不思議。 字数が足りなくて投稿できないので補足。 三人は多すぎ。二人目はいなくても良い。

動画の共有