あなたに愛されたくて。 かすみ果穂

更新日:

動画

作品情報

作品名: あなたに愛されたくて。 かすみ果穂
出演者: かすみ果穂
シリーズ: あなたに愛されたくて。
メーカー: アタッカーズ
レーベル: 龍縛
ジャンル: 人妻・主婦 , 辱め , ハイビジョン , 独占配信 , DVDトースター , 単体作品
監督: なぎら健造
説明: 智子の夫がリストラの対象となってしまい夫婦は人事部長の土屋を訪ね、リストラを回避できないか相談する事に…。そんな夫妻に土屋はある条件を出す。その条件とは土屋の欲求を智子に処理させるという卑猥なものだった。

感想・レビュー

  • 強姦ではあるが…

    「夫の前で犯されて」「あなた許して」「誘拐」に続くかすみ果穂の若妻強姦ドラマの4作目。今回は夫のリストラ回避のために上司に自ら身体を捧げる設定のためか、前3作に比べ強姦には違いないのだが淫靡な匂いがやや物足りなかった。「誘拐」で夫に見捨てられて犯され続けてもなお夫の安否を気遣う憂愁・薄幸の妻のイメイージが強すぎたこともあるが。 かと言って、果穂のエロさが損なわれる作品ではない。夫とのセックスが淡泊ゆえ、身体中舐めまわし色々な体位で絡んでくる上司との性交が若妻には刺激的で性の虜になってしまう女の哀しさは果穂の名演技でエロチック。表情の変化、体臭の漂う身体のしなり等、果穂のセックスは画面を超えて伝わってくる。 御年29歳のかすみ果穂、他のレビュアーが言われるように決して美人ではないがセクシーフェロモン充満の女。三十路になったらどれだけ美しくエロく嫌らしい女に変身するか楽しみな女優。
  • 可もなく不可もなく

    タイトル通り、悪くはない。 しかし決して良いとも言えない。 可もなく、不可もなく。
  • かすみ果穂さん、とっても綺麗で淫ら!素晴らしい!

    夫がリストラの対象 上司に助けを求めるが条件は手淫! 夫の側で肉棒に手を伸ばす妻 逃げ出す夫 性交を迫る男 阻めない… 執拗な責め 懸命に堪える妻 中はだめェ 哀訴するも熱い体液が胎内に迸る 家を訪れ迫る男 抵抗できない 執拗な責めに…躯が震える 蹂躙されていく躯 子宮に男汁を浴び身を仰け反らせ…逝く 夫では満たされない 男を招き入れてしまう 唇を重ね肉竿を懸命に扱く 肉棒を咥え一途に尽して…迸りに顔を差し出して 男を訪ねる妻… 指示通り胸をはだけスカートを捲り上げる 肉悦に翻弄されていく 男根様に仕える妻 女唇に迎え自ら腰を使っている所に夫からの電話 躯を繋いだまま愛を告げ夫を欺く妻 強烈な快楽に身悶え啼き狂う 女体を淫らに蠢かせ快楽を貪る 二肢を男の腰に絡め最奥に体液を迎え…逝き果てる! 今日も男の元へ 寵愛を得る為に
  • 人妻クイーン(?)果穂が熱演、オススメの作品!

    夫のリストラを回避すべく、人事部長の卑猥な要求に耐え 忍ぶ献身的な妻の役をかすみ果穂が熱演している。持ち前の いやらしい肉体に加え、磨きがかかった演技力のおかげで、 最初は嫌がっていた人妻が徐々に銀次が扮する悪徳部長の ギラギラした性欲と、その巨大な男根の虜になっていく姿を 見事に演じ、いやあ興奮した!今や、イチオシの人妻クイー ンになったと言っても過言ではない。オススメの作品!!
  • 名作

    いつも通りの展開ながら、それでもワクワクしてしまう不思議。この作品はとにかく良かった。 1、かすみ果穂がとにかくめちゃくちゃ可愛い。パケ写もイマイチだし、絡んでいない時の顔も美人というほどでもないのだが、絡んでいる時の表情や仕草が本当に可愛い。 声も良く体も綺麗。演技もナチュラル。カラミ毎に髪型を微妙に変える憎い演出。 2、和風家屋と洋風家屋の二軒使い、制作費がかかっている分、それぞれのカラミの背景、雰囲気が異なり、深みがある。 3、撮影、編集のレベルが特上 4、安っぽい潮吹き、イラマの際のわざとらしい窒息やケホケホ、えずき汁だらり、等、子供向けのしょうもない演出が一切なし。安心して見ていられる。 5、佐川銀次は時々ねっとりしすぎてスピード感に欠ける事があるが、本作では突き始めたらガンガン行っており、非常に良かった。 6、カラミの時間たっぷり 7、堕ちが秀逸。 色々とレベル高いです。
  • さすが、のかすみ果穂

    かすみ果穂の演技はどの作品でも感動ものです。 ストーリーは平凡ですが、説明のナレーションを入れなくても成立させる演出は素晴らしい。 やや表情が見えづらくなるため好き嫌いが分かれるかもしれませんが、自然光を生かしたカメラワークも素敵でした。
  • 過去の2作品以上の出来

    このシリーズは夫のためを思って体を差し出した妻が、相手のSEXにハマり、快楽に溺れ、不倫に堕ちていくというものだが、今回のかすみ果穂は、その堕ちていく様子をカラミの演技の中で非常によく表現できていた。 1作目はやや堕ち方にわざとらしさがあったし、2作目はカラミ自体がねちっこくて良かったが、堕ちるという点ではあまりカラミに違いを出せてなかったように思う。 今作では3回のカラミにメリハリがあって、堕ちていく様子が良く伝わった。 かすみ果穂はビジュアル的にも素晴らしい。 小柄だが均整のとれたプロポーション。 派手さはないが、清楚な美しい顔立ち。 人妻役がピタリとハマっている彼女が最後に乱れまくる様子は興奮する。 SEXの最中に夫と電話というベタな演出も彼女がやると、快楽に負け、夫を裏切る妻の様子が伝わってくる。 外れのないシリーズの中でも最高の出来。
  • 天然ボケ・モードの、果穂もいいけど …

    いやいや、ヤラレてしまい、イってしまう果穂も、niceです。 佐川、熱演。ただ、最後のほうは、なんかダレた?印象。 にしても、果穂、1984年10月14日生まれで、2005年4月の デビュー以来、もう9年もたつのか。 1点オマケの「5」です。
  • 堕ち方の落差がまだたりない

    「あなた、許して」シリーズとの違いは、夫の窮状を救うというのが発端であるかどうかだけで、内容的にはほとんど同じである。ただ今回、簡単でも普段の夫婦のセックスが描かれているために、夫に性的に不満で上司に溺れていく姿には説得力があった。 かすみ果穂の、嫌々ながら体を開いていく場面はなかなか良くて、中盤あたりまでは上司によってセックスの官能に目覚めていく過程がうまく描かれている。しかしラスト、自ら上司の家を訪れておきながら、積極的に体を開くのは最中に夫と電話で話してからでは堕ちるのが遅すぎる。堕ち方も、ここまで変わるのかと唖然とするくらいまで堕ちないと「あな、許」シリーズとの差別化はできないのではないかと思う。
  • 男根に魅せられたか?献身→不貞妻へ変貌するシンプルな構成ですが…

    土屋部長の理不尽な要求を呑む若夫婦 土屋宅へ来た二人。苦渋する妻が始めた手扱きを見れない夫はその場を去る しかし妻・智子はそのまま布団で抱かれ中出しまでされる 夫を送り出した新居へ現れた土屋に智子はまた犯されるが 最初の時とは違い、ゆっくりと自ら腰を振り始め、 やがてエビ反りになって、肛門丸出しにして動き出し快楽を貪り始める… その夜夫との営み。淡白なSEXに悶々の表情をベットに隠す 男根に魅了されたか?この時から貞淑な妻から女へ変貌した感じがした 部長宅に現れた智子はいわれるままに胸を肌蹴させ、スカートを捲って魅せ、 交わりと喘ぎの中で不貞の言葉を呟く… ラストシーン:部長宅の前で手鏡を見る智子 まるで通い妻のようでした 脚本は「あなた許して」的で飾りの無い構成ですが、かすみ果穂の演技は見事! 既に3回見ましたが、繰返し見てぬける数少ない作品です

動画の共有