私、実は夫の上司に犯され続けてます… 南紗穂

更新日:

動画

作品情報

作品名: 私、実は夫の上司に犯され続けてます… 南紗穂
出演者: 南紗穂
シリーズ: 私、実は夫の上司に犯され続けてます…
メーカー: 溜池ゴロー
レーベル: 溜池ゴロー
ジャンル: 人妻・主婦 , 辱め , ハイビジョン , 独占配信 , DVDトースター , 単体作品 , 熟女
監督: 溜池ゴロー
説明: 平和に暮らす紗穂夫妻だが同じ社宅に越してきた東先輩の登場により悪夢の日々が始まる。夫の出社後紗穂の家に侵入し無理やり紗穂を犯す東。それからは彼の歪んだ欲望のままに性遊戯に溺れ沈んでゆく紗穂。夫が出張に出かけると思う存分紗穂の体を弄ぶ東。次第に自ら求めだし激しいセックスにのめり込む紗穂。

感想・レビュー

  • 悪くはないが、もう一つ

    紗穂はある日、旦那の先輩・東に突然犯されてしまう。 そのことを旦那に知られたくない紗穂は東の言いなりになる。 東が覗き見している前で旦那とセックス、部屋に連れ込まれてローター、バイブでいたぶられる、旦那と電話している時にアソコをなめられる。 それからも東には逆らえない紗穂だった。 南紗穂は35歳。 腰回りがぼてっとして、それなりの年齢は感じさせるが、色白の裸身は十分に美しい。 女優はいいが、作品として旦那とのカラミは2回もいらないだろう。 その分、東にいたぶられる姿を観たかった。
  • 絡みに色気がたりない

    南紗穂が若妻役を好演しているが、いかんせん、絡みに色気が足りない。撮りなれていないせいもあるだろうが、本人が感じすぎるのが恥ずかしいのかセーブしているようで、どこか醒めた感じが否めない。上司と体を重ねていくうちに、心も上司に傾いていく演出が欲しかったが、そこまでは描かれていない。
  • 男優と編集に苦言。

    主演の「南紗穂」の演技はさておき、本作品においてはまず男優に注文をつけたい。 それは大事なカットで、やたらと男優の頭、からだ、腕がカメラの視界をさえぎること。 視聴者を満足させる作品を真剣に撮ろうと思うならば、男優の動きも違ってくるはず。 同様にカメラワークもイマイチ。 更には編集において、見たくもないシーンを長くし、逆に見たい部分はすぐに終わってしまうのは視聴者に対する裏切り行為。 「南紗穂」を目当てに購入したが、本作品も凡作と言わざるを得ない。 因って、評価は「普通」。
  • 電話の

    個人的に電話のシーンがたまらん それ以外はもっとこって欲しかった
  • クンニされながら旦那への電話シーンが良かった。

    間男にクンニされながら旦那への電話シーンが良かった。 まず、南紗穂の肩から上を映し、やらしい間男の唾液の音を立てて下半身を舐めるクンニで感じて甘い吐息を漏らしながらも旦那への電話をできるだけ平静を装っているのが良い。 これがもう少し長い方がもっと良い。 爪も間男に抱かれる時は真っ赤なマニキュアを間男の前で塗ってほしい。 旦那の前では爪もトップコートだけで地味にすればギャップが出てもっとよくなる。 間男に抱かれて中出しされた後に旦那に愛されて最近感じやすいとかあそこが 精液の匂いがするようだけどとか言わせて欲しかった。
  • AV2作目初ドラマにしては上出来

    AV2作目の初ドラマってことで演技力は想像通り。 上品だし馬鹿っぽさや幼稚さもないし人妻感もあって ポテンシャルは高いと思う。騎乗位ではちゃんと自分から 腰振ってるし積極性もありそう。必要なのは経験で 完成度についてうんぬんする段階ではない。 問題なのは女優よりもむしろ溜池の演出だろう。 夫が近くにいる場面のプレイでは、絶対にばれては いけない設定のはずなのに玩具で音出しまくるわ 女優のヒールがコツコツ鳴るわ、絶対ばれるだろという雑な演出。 食べ物を塗りたくるメッシープレイも汚いだけでクソつまらん。 そろそろ頭使うことを覚えろよ溜池とボヤきながら見た。
  • 犯されるよりも・・・

    個人的に期待している新人女優さんの2作目ですが、正直イマイチでした。 デビュー作と違いドラマ性のある作品ですが、セリフ回しがどうしても気になってしまいます。司会の仕事の経験があるようですがそれが裏目に出ているかもしれません。 ドラマ性のある作品よりもドキュメント性があるもの(素人宅訪問やマジックミラーのようなもの?)のほうが良いような気がします。デビュー作と今作を見る限り、犯される役よりもエッチを楽しんでいるほうが似合うと思います。 とりあえず見た目、声が好きなので3作目に期待します。

動画の共有