拷問倶楽部 七咲楓花

更新日:

動画

作品情報

作品名: 拷問倶楽部 七咲楓花
出演者: 樹花凜(七咲楓花)
シリーズ: 拷問倶楽部
メーカー: アタッカーズ
レーベル: 蛇縛
ジャンル: ハイビジョン , 独占配信 , DVDトースター , 単体作品 , 拷問 , 拘束 , SM
監督: 奈加あきら
説明: ようこそ拷問倶楽部へ…ここは、貴女が憧れていた、貴女の妄想の世界だ…さあ、何から始めようか…?「そんな…えっ…なんで?嫌…嫌ぁぁあああああ!!」SMの王道を突き進む『奈加あきら』が目指す『SM新世界』!?

感想・レビュー

  • よりいい作品

    七咲楓花の肉体美と強さにチ○ポが勃起してしまった。 特に,太ももの肉感や大きな骨盤の下半身。 多人数輪姦して、オ○ンコにザーメンまみれ、垂らしの状態でもっといいなぁと思います。 とりあえず、最高な作品です。
  • 好きなスチエーション

    この作品の良いところは、吊られて、だるまにされ鞭打ちされる所のスチエーションがとても良いところです。私のツボにはまりぺ○スがびんびんになりました。
  • 写真集的意味では良いんじゃないかな・・・

    いろいろな縛りの写真集のようです。 まんぐり縛りのポーズがイヤらしいです。 そこのシーンが唯一良かったかな。 とにかく七咲風花がドM過ぎて、単調な感じがします。 どんな刺激に対しても気持ちよがっているので、こちらのS心を高めてくれません。 時に嫌がり、時に恥ずかしがり、でも身体は快楽を求めてしまうようなやるせなさを感じません。 「強制小便口浣腸 イラマ少女 七咲楓花」で見せた、飲尿して恍惚感に溢れている表情は素晴らしかったので、できないわけではないです。 責めも単調で、苦しめるところ、辱めるところ、快感を与えるところと、幅を持たせて欲しかったです。 ただただイカせようとしているだけ。 拷問を名乗るには、お役不足だと感じました。
  • 作品としては素晴らしいが・・

    女優がイマイチ・・。 同じ企画内容で沙藤ユリを起用してくれたら即買い確定!!
  • 楓花ちゃん、がんばってぇ~

    登場シーンはドキドキしてよかったね。 できれば覆面剥がずに多数の仕置き人で(4~5人)全身鞭責めで真っ赤な腫れ豚マゾにしてから強姦してほしかったなぁ。 ファックシーンは今までたっぷりと見させていただいたので複数手短に済ませていただき、表紙にある逆さ磔で、新たに全身鞭(股間にもね・・)熱蝋折檻がいいなぁ。 楓花ちゃんには苦痛晒し懲罰がお似合いだから、そのあとお尻とワギナにしっかりと極太蝋燭を咥えていただいてたっぷりと反省していただきたい。 PS,名前変えちゃダメだよぉ~、気に入ってたのにぃ・・ それと浣腸はあたしは好きじゃないなぁ・・ ハード拷問路線で限界ギリギリまで悦楽号泣してもらいたいね。 あたしが身代わりになりたいくらいだよ・・ほんと。
  • 拷問倶楽部というタイトルにひかれて

    七咲楓花は他のSM作品でもよくやっていて関心します。 最初の導入の雰囲気はよかったです。暗い拷問部屋で手足を鎖で拘束され、これからどんな拷問を受けるかドキドキする感じ。両手を鎖で吊るされた被虐の七咲楓花はきれいでした。ただその状態での責めがいろいろできるのに、さっさと次に移ってしまうのはもったいないと思いました。 陰部を露出させた四肢拘束、ギロチン拘束での責めなどはまずまず興奮します。単調な責めを避け、七咲楓花の被虐美を際立たせるように工夫したらいいと思いました。
  • 久しぶりに王道のSM作品を見た

    SM専業のメーカーが碌なものを作らなくなて随分立つ。このメーカ も蛇縛レーベルを年に数本しか出さなくなった。そんな中、SM物で 抜群のパフォーマンスを示すこの女優が、いい時のシネマジックの 様な画でハードな責を受ける。ハードなだけなら他のメーカでも 撮影しているのだが、本作は静の部分と動の部分があって、より 心理的に追い詰めている責が多いと感じた。こういったSM作品は もう見れないのかと思っていたので、本作の登場は喜ばしい。
  • 肉体美と強さにチ○ポが勃起

    ハードコア女優,七咲楓花のボディーは素晴らしい。 特に,太ももの肉感や大きな骨盤の下半身。 パケ裏にもあるけど,逆さ拘束されているシーンでは,その肉体美が強調されていて,興奮ものです。 オ○ンコ中心に凌辱されますが,ギロチン拘束でのファック&イラマチオ,逆さ吊りでのムチ打ち, 浣腸&逆噴射など,彼女にとっては軽めの拷問かもしれない。 もちろん,苦痛と快楽を伴う攻めに耐えているけど,可愛い顔してド強さでは業界トップクラス。 七咲楓花の肉体美と強さにチ○ポが勃起してしまった。 オ○ンコ中出しのシーンより,楓花のボディーの方が興奮させます。

動画の共有